山形のニュース

<やや祭り>子の成長祈り冷水

上半身裸の子どもたちに冷水が浴びせかけられた

 子どもの健やかな成長を祈願する奇祭「やや祭り」が15日、山形県庄内町の千河原八幡神社であった。
 幼稚園年長から小学4年までの地域の男児7人が、上半身裸の腰みの姿で水ごりに挑戦。両手にろうそくを握って特設の舞台に上がると、大人たちが、おけで冷水を浴びせかけた。
 時折、強い風雪が吹きつける中、歯を食いしばって寒さに耐える子どもたちに、会場からは「頑張った」「偉いぞ」などと温かいエールが送られた。
 余目三小4年の金子清太朗君(10)は「寒かった」と唇を震わせながら、「病気にかからず元気に一年を送りたい」と話した。
 水ごりの後、21歳の若者によるお百度参りも行われた。


関連ページ: 山形 社会

2017年01月16日月曜日


先頭に戻る