宮城のニュース

<松島水族館>15年5月閉館 VRで再現

VR映像を体験する参加者

 2015年5月に閉館したマリンピア松島水族館(宮城県松島町)を仮想現実(VR)で再現した映像などを楽しんでもらうイベントが14、15の両日、仙台市青葉区のKDDI直営ショップ「au SENDAI」で開かれた。
 VR映像はウェブサイトやアプリ開発のエジェ(東京)が14年夏に撮影したもので、ペンギンへの餌やりやアシカショー、魚が泳ぎ回る水槽内の様子などを約2分間にまとめている。ゴーグル型の専用端末を装着して頭を動かすと、周囲の様子が360度見渡せる。
 水族館の元職員やファンらも駆け付けた。ファン組織「マリンピアクラブ」の植松純子さん(46)=仙台市青葉区=は「懐かしくて涙が出た。普通の映像とは臨場感が違う」と喜んでいた。会場ではファンが持ち寄ったグッズや昔のテレビCMなども紹介された。
 イベントを企画したエジェの担当者は「地元の方々に見てもらえる機会をつくりたかった。今後は松島町で活用する方法も考えていきたい」と話した。VR映像はau SENDAIで無料で視聴できる。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月17日火曜日


先頭に戻る