宮城のニュース

<ベガルタ>渡辺監督決意「勝利信じ走り抜く」

新シーズンの意気込みを語る渡辺監督

 サッカーJ1仙台の結団式と激励会が16日、仙台市青葉区の仙台勝山館で開かれ、スポンサー関係者約130人を前に、選手たちは新シーズンの躍進を誓った。
 新加入選手5人を含む選手28人とスタッフが出席。渡辺晋監督は「キャンプでチームを鍛え抜き、期待に応えられるようにしたい。最後まで勝利を信じて走り抜くことを約束する」とあいさつした。
 選手を代表して蜂須賀孝治選手が「復興のシンボルになるためは勝利が必要。そのために今、何が大切かを常に考えてプレーする」と意気込んだ。西川善久社長は「昨年より進化したチームを見ていただけると確信している」と述べた。
 チームは18日から順次、鹿児島県さつま町、宮崎県延岡市、宮崎市でキャンプを行い、開幕戦となる2月25日のホーム札幌戦に備える。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2017年01月17日火曜日


先頭に戻る