宮城のニュース

<東北電>新料金プラン発表 4月から適用

 東北電力は17日、家族の人数が多いなど電気使用量が多い世帯をターゲットとした新料金プラン「よりそうプラスファミリーバリュー」と、カメイ(仙台市)のLPガスと電気のセットプラン「すまいるセット割」を発表し、同日受け付けを始めた。いずれも4月から適用する。
 新料金プランは、使用量が月約400キロワット時以上となる場合の単価を安く設定。現契約が従量電灯Bで契約電流50アンペア、月平均の使用量400キロワット時のケースでは年間約5400円安くなる。
 東北電によると、需要を見込む5人以上世帯は東北6県と新潟県で約47万世帯、契約数約500万件の約1割に当たる。石森令一常務お客さま本部長は「2〜3世代家族など日中の消費量が多い利用者に、季節や時間帯に関係なく分かりやすいプランを設定した」と話した。
 「すまいるセット割」は、カメイのLPガス「すまいるガス」を利用する東北6県の一戸建て住宅が対象。「よりそうプラスファミリーバリュー」を合わせて契約する条件で、LPガス料金が年間約2400円安くなる。
 連絡先は東北電力コールセンター(0120)175028、カメイコールセンター(0120)410370。


関連ページ: 宮城 経済

2017年01月18日水曜日


先頭に戻る