青森のニュース

<無人偵察機>「ピンと来ない」議論低調

 ○…自衛隊が青森県三沢市の空自三沢基地に配備する無人偵察機グローバルホークについて、東北防衛局の担当者らが16日、同市議会に計画を説明した。議会側の要請で実現した会合は、約25分間で終了した。
 防衛省は2019年度末以降に計3機を順次配備する。議会側は隊員数など計画の詳細を求めたが、予算要求段階のものもあり、国側の説明は既に報道されている範囲内にとどまった。
 「説明してくれないとピンと来ない。国の説明は大まかすぎる」と苦言を呈したのはベテラン市議1人だけ。ほかの市議は突っ込んだ質問をせず、談笑しながら会議室を後にした。


関連ページ: 青森 政治・行政

2017年01月18日水曜日


先頭に戻る