宮城のニュース

「公立高入試改善を」意見聴取に指摘続々

 宮城県教委は18日、公立高入試制度に関する意見聴取会を県庁で開いた。出席者から前期と後期選抜による現行制度の改善を求める声が相次ぎ、入試期間の長期化や前期試験に不合格となった生徒の精神ケアなど多くの課題が挙がった。
 保護者や学校長、教育機関の関係者ら10人が出席。入試制度の方針や課題など県高校入学者選抜審議会が昨年11月に示した中間案について意見を発表した。
 仙台市PTA協議会の佐藤美佳子顧問は「教員に相談できる時間が少なく、入試期間が長いと子どもの負担も大きい」と指摘。仙台三高の川上剛弘主幹教諭は「授業時間の確保など在校生への対応が難しく、前期と後期の一本化が望ましい」と見直しを訴えた。
 審議会副委員長の田端健人宮城教育大教授は「課題認識は共有している。制度変更へのニーズは大きく、一本化を念頭に置いて改善に取り組む」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年01月19日木曜日


先頭に戻る