宮城のニュース

<ぬちまーす>東日本ソルトと契約 東北に販路

東北・北海道地域での販路拡大に向けて総代理店契約を結んだ東日本ソルトの宮沢社長(右)とぬちまーすの高安社長

 塩販売の東日本ソルト(仙台市)と製塩業の「ぬちまーす」(沖縄県うるま市)は18日、東北・北海道地域で塩など各種商品を販売する総代理店契約を結んだ。
 ぬちまーすは、原料となる沖縄の海水を細かい霧状にして温風を当てる特殊製法で、ミネラルを豊富に含んだ口当たりのいい塩を製造し、健康志向の消費者から支持を得ている。塩を使った食品や美容商品もあり、首都圏や関西圏を中心に人気がある。
 東北・北海道地域への販売強化を目指し、コザ信金(沖縄市)と花巻信金の仲介を受けて、東北・北海道地域に支社や営業所がある東日本ソルトとの契約がまとまった。
 花巻市で同日、契約締結式があった。ぬちまーすの高安正勝社長は「東北や北海道に販売網ができ、沖縄の塩の良さを分かってもらう機会が増える。攻勢を掛けていく」と意気込みを語った。
 東日本ソルトの宮沢啓祐社長は「品質が良く夢のある塩が、消費者に届くよう販路拡大に努めたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 経済

2017年01月19日木曜日


先頭に戻る