宮城のニュース

<結婚詐欺>手術代ほしい…男を9回目逮捕へ

 婚活パーティーを舞台にした結婚詐欺事件で、別の女性からも70万円をだまし取ったとして、仙台中央署が、無職末永浩二容疑者(51)=本籍千葉市=を詐欺容疑で近く再逮捕することが18日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕は9回目。
 捜査関係者によると、末永容疑者は2002年に仙台市内で開かれたパーティーで知り合った山形市の臨時職員の女性(44)と交際。15年12月21日と25日、電話などで「心臓カテーテルの手術代を出してほしい」と持ち掛け、計70万円をだまし取った疑いが持たれている。
 末永容疑者は大手航空会社の整備員と偽り、女性に近づいた。心臓病を患っていた事実はなかった。
 同署の調べによると、末永容疑者は約15年前から「大野浩二」などの偽名を使い、同じ手口で女性に近づき、宮城や東京など1都5県の女性計20人から計約1億6000万円をだまし取ったとされる。
 同署はこれまで女性8人、被害総額計約3500万円分を立件したが、大半は時効などで立件が難しいという。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月19日木曜日


先頭に戻る