宮城のニュース

<楽天>青山 雪辱期す「集大成」へ

自主トレーニングで黙々と走り込む東北楽天・青山

 東北楽天の青山浩二投手が雪辱を期して、自主トレーニングに励んでいる。昨季は中継ぎで50試合に登板して1勝5敗14ホールド、防御率は直近7年で最悪の4.83と不本意な成績に終わった。投手陣最年長の33歳はプロ12年目の今季を「集大成」と位置づけ、「開幕から万全に迎えられるようにしたい」と調整ペースを早めて練習に取り組む。
 自主トレは大リーグ、マーリンズの田沢純一投手と共に、沖縄県内で今月8〜23日の日程で実施中。昨季より走り込みの量を増やし、2人で黙々とダッシュを繰り返して体を追い込んでいる。
 昨季は開幕から不安定な投球が続き、7月に2軍落ちした。投球フォームの見直しや走り込みをし、再昇格した8月以降は直球に本来の力強さが戻っただけに「11年間で一番厳しく、きつかった。チームを勝利に導けずに責任を感じた」と反省する。
 「昨季は(オフに)休み過ぎた」。今オフはキャッチボールや走り込みを早めに再開し、自主トレでの筋力トレーニングや練習メニューの強度も上げた。「オープン戦で投げる時に100パーセントの状態に仕上げて(首脳陣に)『使おう』と思ってもらえるよう全力でいく」と照準を定める。
 昨季苦しんだからこそ、今年が自身のプロ人生の分岐点になると感じている。「今年にかけるという思いもあるし、この一年をしっかりやって、いろいろ考えたい部分もある」。登板数でも成績面でも自己最高を目指し、投手陣の柱としてチームを支える覚悟だ。(浦響子)


2017年01月19日木曜日


先頭に戻る