岩手のニュース

<台風10号>不明女性の遺体発見

小上八重子さん

 岩手県警は18日、野田村玉川の海岸で身元不明の遺体が見つかり、DNA鑑定の結果、昨年8月の台風10号豪雨で行方不明になった岩泉町安家の小上八重子さん=当時(73)=と判明したと発表した。遺体は同日、家族に引き渡された。
 県警によると、海岸付近を散歩していた住民から2日、「打ち上げられたがれきの中に遺体のようなものがある」と110番があった。久慈署員らが捜索し、遺体を発見した。
 家族によると、小上さんは親戚方に避難した後、荷物を取ろうと自宅に戻った際に、氾濫した安家川に家ごと流された。
 台風10号豪雨で県内では、岩泉町の女性と宮古市の男性の計2人がいまだ行方不明となっている。


関連ページ: 岩手 社会

2017年01月19日木曜日


先頭に戻る