宮城のニュース

<仙台市>指定ごみ袋に広告掲載

 仙台市は新年度、家庭ごみとプラスチック製容器包装の指定ごみ袋に民間企業の広告を掲載する。広告主は2種類の袋ごとに各1社で、収入はごみ処理費用の財源に回す。
 新年度分の広告主の募集期間は24日〜2月22日。広告料は家庭ごみが60万円以上、プラスチック製容器包装は30万円以上が条件。原則として最高額提示の企業がそれぞれ選ばれる。両方に応募することもできる。
 広告を掲載する指定袋の枚数は、家庭ごみが大、中、小、特小の4サイズで計5110万枚。プラスチック製容器包装は大、中、小の3サイズで計1700万枚。ともに「大」は販売時に包装する袋にも広告が掲載される。販売開始は来年1月の予定。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2017年01月20日金曜日


先頭に戻る