宮城のニュース

<楽天>藤田守備磨く 4度目Gグラブ賞へ

自主トレーニングでゴロ捕球と送球の基本動作を繰り返す藤田

 東北楽天の藤田一也内野手が19日、京都市内で自主トレーニングを公開した。昨季は本拠地コボパ宮城の内外野が天然芝になり、対応に苦しみつつも通算3度目となるゴールデングラブ賞を受賞。「守備で去年以上のパフォーマンスを見せたいし、4度目の受賞をできるように一つ一つ丁寧に練習したい」と意気込む。
 自主トレは岡島豪郎外野手、福山博之投手らと共に、守備を中心に連日朝から夕方までみっちり練習をこなす。今年は特に捕球や送球の基本動作に昨年の倍の30分を割き、ボテボテのゴロや手前でのワンバウンドなどあらゆる打球を想定した処理練習を行っている。
 「天然芝は複雑な打球が多い。下半身も鍛え、1年間を戦い抜きたい」
 昨季は本拠地の天然芝化を聞き、「なかなか寝付けなかった」ほど悩んだ。独特の打球の跳ね方に戸惑い、持ち味である大胆な守備位置の取り方もできなかったが、1年間プレーして失策4。不安は消えたという。天然芝2年目の今季は「人工芝の時のように、思い切って(定位置より深めや浅めの)芝の部分で守ることもできる」と名手の自信をのぞかせる。
 「打たないと定位置は取れない」と、昨季打率2割6分5厘だった打撃の向上にも取り組んでいる。目指すは「全てにおいてキャリアハイ(自己最高の数字)」。「全試合に出たい気持ちもあるし、成績もこれまでの最高を目指したい。そうすることでレギュラーにもなれる」と、プロ13年目でのさらなる飛躍を誓った。(浦響子)


2017年01月20日金曜日


先頭に戻る