青森のニュース

<浅虫水族館>不明のウミガメ 死骸で発見

盗難されたとみられるアオウミガメ=2016年8月

 昨年8月に青森県営浅虫水族館(青森市)が屋外の飼育プールで展示していたアオウミガメ1匹が盗まれたとみられる事件で、同館は19日、昨年9月に同館の裏山でアオウミガメが死んでいるのが見つかっていたと明らかにした。
 カメは昨年7月10日に甲羅干しを兼ねて屋外プールに移され、8月2日朝、飼育員が9匹のうち1匹がいないのに気付いた。9月15日、同館の裏山で草刈り中の業者がカメを発見。死後しばらく経過していたとみられるという。


関連ページ: 青森 社会

2017年01月20日金曜日


先頭に戻る