岩手のニュース

<台風10号>浸水の龍泉洞 3月19日再開

復旧工事が進む龍泉洞=2017年1月19日、岩手県岩泉町

 昨年8月の台風10号豪雨で浸水被害に遭って閉鎖している岩手県岩泉町の鍾乳洞「龍泉洞」は19日、3月19日に営業を再開すると発表した。
 復旧工事は昨年11月に始まり、既に床板が外れていた通路の補修は完了した。再開までに故障した配電盤や照明の交換作業を進める。ただ、清水(しず)川沿いの遊歩道や駐車場の一部は利用再開が遅れる見通し。復旧費は約1億570万円。
 龍泉洞は台風豪雨で洞内の地底湖が6メートル以上増水し、見学用通路や照明設備が水没した。鍾乳石に大きな被害はなく、一時濁った水は本来の透明度を取り戻している。町龍泉洞事務所の三上薫所長は「再開日が決まり一安心。全国の皆さまから、ありがたい応援の言葉をもらった。再開を楽しみにしてほしい」と話す。
 龍泉洞は国の天然記念物で日本三大鍾乳洞の一つ。再開後の営業時間は、被災前と同じ午前8時半〜午後5時。年中無休。入場料は1000円(小中学生500円)。


関連ページ: 岩手 社会

2017年01月20日金曜日


先頭に戻る