宮城のニュース

<ベガルタ>小島 持久走先頭集団でゴール

持久走で集団の先頭を走る小島(右)=鹿児島県さつま町のインターナショナルゴルフリゾート京セラ

 午前と午後の2部練習が計約2時間行われ、午前は持久走で体力を強化した。午後はパス回しなどに取り組んだ後、吹雪に見舞われたため途中で切り上げた。
 前日に続き、MFパブロジオゴは右ふくらはぎに、GKシュミットは右肩にそれぞれ違和感を訴え、練習場に姿を見せなかった。
 「2年目なのでどんどんアピールしないといけない」と話すのはDF小島。その言葉通り、自慢の体力を見せつけた。
 決められた時間内に1キロを8回走る練習。小島は新人だった昨季と同様、「余裕だった」と涼しい顔で全て先頭集団でゴールした。
 昨季、リーグ戦は2試合の出場にとどまった。今季の目標は「開幕スタメンに入ること」と明確。キャンプでチームが試行する予定の新システム「3−4−3」について理解を深め、「右サイドハーフに入りたい」と意欲的に語った。
(20日、雨のち曇り、正午の気温9.8度)


2017年01月21日土曜日


先頭に戻る