秋田のニュース

<潟上市長選>元文科省視学官の藤原氏出馬へ

藤原 一成氏

 任期満了に伴う潟上市長選(4月2日告示、9日投開票)で、元文部科学省視学官の藤原一成氏(56)が20日、秋田県庁で記者会見し、無所属で立候補することを表明した。
 藤原氏は「教育行政に携わってきた経験を市政に生かしたい。基幹産業である農業など産業振興にも力を入れる」と語った。
 市長選では、4期目を目指すと表明していた現職の石川光男氏(77)が今月、体調不良を理由に立候補を取りやめた。藤原氏は石川氏の要請を受け、後継者として立候補する。
 藤原氏は潟上市出身、早稲田大卒。県内の高校教諭を経て、1997年文部省(現文科省)に入省。18日に退職した。
 市長選では市議中川光博氏(63)が無所属で立候補すると表明している。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年01月21日土曜日


先頭に戻る