広域のニュース

創業100年越え東北3199社 最古はホテル佐勘

 東京商工リサーチ東北支社が実施した「老舗企業調査」によると、創業100年以上の東北の企業は計3199社で、2012年の前回調査に比べ554社増えた。県別では福島の779社がトップ。同一県内の全企業に占める「老舗率」は山形が3.3%で、東北を含め全国1位だった。
 県別は福島に次いで山形746社、宮城557社、秋田450社、岩手385社、青森282社。南東北が半数以上を占めた。
 東北各県の老舗率は山形に続き、秋田2.3%、福島2.0%の順。全国9地域別でみる東北の老舗率は1.9%で、北陸(2.1%)に次いで高かった。
 業種別は旅館・ホテルが152社で最多。清酒製造業147社、酒小売業111社、ガソリンスタンド81社などと続いた。
 東北で最も古い企業は温泉旅館のホテル佐勘(仙台市)。再調査の結果、創業年は前回の1184年より古い1000年とされた。料亭の味戸商店(須賀川市)も創業年が早まった。逆に前回最古だった温泉旅館の夏油温泉(北上市)は、再調査で明確な創業年数が分からず対象から外れた。
 東北支社は「温泉地が多いほか、米どころで酒蔵が多い東北の特徴が表れた」と分析した。
 調査は12月初旬が基準。東京商工リサーチのデータベースに収録されている企業のうち、創業100年を越えた企業を集計した。


関連ページ: 広域 経済

2017年01月21日土曜日


先頭に戻る