山形のニュース

<雪国ワンダーランド>多雪生かし誘客へ

バナナボートに乗って大はしゃぎする子どもたち

 スノーモービルの乗車体験やそり遊びができる「雪国ワンダーランド」が21日、山形県新庄市のかむてん公園にオープンした。JR新庄駅東口から徒歩3分で、広い駐車場も備える好立地。多雪を生かして、外国人観光客らの誘客増につなげるのが狙いだ。
 約4ヘクタールの敷地に、1周約350メートルの雪原コースや雪の滑り台などを設けた。初日は無料開放され、スノーモービルに引っ張られたバナナボートに乗ったり、大きい浮輪のチューブスライダーで斜面を滑ったりする親子連れなどでにぎわった。
 同市新庄小2年の斎藤大芽君(8)は、弟の幸芽君(6)とバナナボートに乗った。「速くて気持ち良かった。たくさん遊べて楽しい」と笑顔を見せた。
 催しは新庄市や商議所などによる市グリーンツーリズム推進協議会の主催で、昨冬に続き2年目。開設期間は2月26日までの毎週土、日曜と祝日。時間は午前10時〜正午と午後1〜3時。料金は2500円(保険料込み)で未就学児は無料。前日までに予約が必要。
 連絡先は新庄観光協会0233(22)2340。


関連ページ: 山形 社会

2017年01月22日日曜日


先頭に戻る