福島のニュース

<避難指示解除>住民「放射線量に不安」

4月1日解除案を説明する政府の担当者

 政府の原子力災害現地対策本部は21日、東京電力福島第1原発事故で福島県富岡町に出している避難指示を、帰還困難区域を除いて4月1日に解除する方針を住民説明会で示した。放射線量や廃炉作業中の第1原発を不安視する住民からは、「安心して戻れるのか」といった声が相次いだ。
 説明会はいわき明星大(いわき市)で開かれ、住民240人が来場。政府の担当者が解除の提案理由を説明し、追加除染の全対象地点を1月末までに完了させる見通しや、災害公営住宅の入居スケジュールなどを提示した。
 住民から解除案に異論も出たが、発言の多くは「戻りたいが、若い人や乳幼児が帰っても安心して暮らせるのか」など放射線量への不安のほか、固定資産税の免税措置といった国の支援見通しを尋ねる内容が目立った。第1原発に対しては「現状で100パーセント安全と言えるのか」と厳しい質問が集中した。
 4月1日の解除を望む住民からも「自宅は帰還困難区域に近く、放射線量が下がっていないのではないかと感じる。小動物もなかなか捕獲できずに困っている」と課題解決を訴える意見が出た。
 政府は月末までに計5回の住民説明会を開き、帰還に向けた課題や要望を把握。町側と協議し、2月上旬にも最終決定する考え。


2017年01月22日日曜日


先頭に戻る