福島のニュース

<南相馬>脳卒中センター完成 来月オープン

南相馬市が市総合病院に整備した脳卒中センター

 福島県南相馬市が市総合病院に建設していた脳卒中センターの完成式典が21日、現地で行われた。東京電力福島第1原発事故で福島県相双地方の医療環境が悪化しており、域内住民の脳疾患などに対応する拠点施設として整備された。2月1日に全面オープンする。
 施設は5階建てで、延べ床面積は約9160平方メートル。脳神経外来やリハビリテーション室、100床の入院施設を備える。搬送用ヘリポートも併設した。事業費は約58億円。本体工事の完了を受け、昨年8月から一部施設の利用を開始していた。
 完成式典には医療関係者ら約80人が出席した。桜井勝延市長は「病床を有効活用するのが大事。地域を支える基幹施設として機能させたい」とあいさつした。


2017年01月22日日曜日


先頭に戻る