宮城のニュース

<ベガルタ>GKシュミット「じっくり治す」

全体練習に復帰したGKのシュミット=鹿児島県さつま町のインターナショナルゴルフリゾート京セラ

 午前と午後の2部練習が計約2時間半行われた。午前はシャトルランで体力強化を図り、午後は攻撃やシュート練習に取り組んだ。MFパブロジオゴは右ふくらはぎに違和感を抱え、参加しなかった。
 右肩に違和感を訴えていたGKシュミットが、3日ぶりに全体練習に参加。コーチが手で送るボールをゴール前ではじくなどして汗を流した。「(患部は)よくなってきた。やっぱり外でプレーするのは楽しい」と笑顔を見せた。
 キャンプ2日目の午前練習中に右肩をひねった。大きなけがではなかったが、大事を取り、宿舎内のジムで筋力トレーニングに励んだ。
 「状態はまだ60パーセント」と言い、午後は別メニューに取り組んだ。「焦ってもしょうがないので、じっくり治す」と自分に言い聞かすように語った。(22日、曇り、正午の気温7.5度)


2017年01月23日月曜日


先頭に戻る