宮城のニュース

<川崎かまくらまつり>雪の遊び場 親子笑顔

かまくらで遊ぶ親子連れ

 川崎町にある国営みちのく杜の湖畔公園で、冬季恒例の「かまくらまつり」が開かれている。
 かまくらは高さが3.6メートル、大人が8人ほど入れる広さで特設会場に2基、ふるさと村に1基の計3基を設置した。山形県境近くの笹谷地区から雪を140トン以上運び、作った。雪の滑り台も設けた。
 雪遊びを楽しんだ一関市の幼稚園児高柳裕世ちゃん(5)は「かまくらは初めてで楽しかった。自分でも作ってみたい」と話した。
 まつりは2月26日まで。入園料は65歳未満410円、小中学生80円、65歳以上210円。連絡先は公園管理センター0224(84)5991。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年01月25日水曜日


先頭に戻る