山形のニュース

<高校スケート>山形中央初V 女子学校対抗

 最終日は23日、栃木県日光市の日光霧降スケートセンターなどで行われ、スピードの2000メートルリレーと団体追い抜きで男子が白樺学園(北海道)、女子は山形中央が2種目とも制した。男子団体追い抜きでは八戸西(青森)が2位になった。学校対抗の男子は白樺学園が4年ぶり32度目の頂点に立ち、八戸西が3位。女子は山形中央が初制覇した。
 フィギュア女子はショートプログラム(SP)2位の三原舞依(兵庫・芦屋)がフリーで1位の得点をマークし、合計190.16点で初優勝した。SP首位の坂本花織(兵庫・神戸野田)は183.58点で2位となった。
 北海道勢が顔を合わせたアイスホッケー決勝は駒大苫小牧が白樺学園に3−1で勝ち、2年ぶり30度目の優勝を果たした。

(日光霧降スケートセンター)
 ▽男子2000メートルリレー (1)白樺学園(北海道)2分27秒24(5)八戸西(青森)2分35秒23(7)盛岡工(岩手)2分36秒54
 ▽男子団体追い抜き (1)白樺学園(北海道)4分8秒18=大会新(2)八戸西(青森)4分9秒18(4)山形中央4分11秒61(8)盛岡工(岩手)4分21秒08
 ▽女子2000メートルリレー (1)山形中央(山口、秋田、古川、鈴木)2分48秒83
 ▽女子団体追い抜き (1)山形中央(小竹、鈴木、ウィリアムソン)3分20秒19=大会新
 ▽男子学校対抗得点 (1)白樺学園(北海道)67(3)八戸西(青森)40
 ▽女子学校対抗得点 (1)山形中央50


関連ページ: 山形 スポーツ

2017年01月24日火曜日


先頭に戻る