宮城のニュース

<田中将大>児童と交流「被災経験伝えて」

子どもたちと給食を食べながら談笑する田中投手(中央)。右は則本投手

 米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(28)が24日、則本昂大(26)ら古巣東北楽天の後輩4投手と東日本大震災で津波の被害を受けた仙台市岡田小(児童193人)を訪れ、子どもたちと給食を食べるなどして交流した。
 田中投手らは4〜6年生の児童92人とキャッチボールで遊び、1〜3年生とは昼休みに教室で机を並べて給食を共にした。児童から「楽天で一番楽しかった試合は?」などと質問が飛び、田中投手は「2013年のリーグ優勝を決めた試合」など一つ一つ答えておしゃべりを楽しんだ。
 田中投手は子どもたちに、「この先、震災のことを知らない子たちも出てくる。みんなが経験したことを下の子たちに伝えていってほしい」と呼び掛けた。
 4年西城雄世(ゆうせい)君(10)は「初めて近くで見たが、体格が良くて格好良かった」と笑顔で話した。震災時は津波にのまれながらも一命を取り留めたといい、「経験を伝えていかないと」と思いを新たにしていた。
 被災地の学校訪問は田中投手が希望し、共に自主トレーニングをする則本、辛島航(26)、釜田佳直(23)、松井裕樹(21)の4投手も賛同して実現した。
 田中投手は「一言で言えば楽しかった。震災は風化させないことが大事。これからも時間が許す限り、こういう活動を継続していきたい」と述べた。則本投手は「子どもたちが夢を持つ大切さや、頑張れば夢はかなうということを感じてくれれば」と語った。


2017年01月25日水曜日


先頭に戻る