岩手のニュース

<防潮堤>陸前高田 全長2km完成へ

高さ12.5メートルに整備された長さ約2キロの防潮堤

 東日本大震災で壊滅した岩手県陸前高田市中心部に近い海岸で、岩手県が整備する長さ約2キロの防潮堤がほぼ完成し、24日、現場が報道陣に公開された。高さは12.5メートルで震災前より7メートル高い。数十年から百数十年の頻度で発生する津波を防ぐ。
 高くしたのは2本の防潮堤のうちの陸側。幅が上部約4メートル、下部約50メートルの台形状。斜面を緩やかな勾配にしたり、鋼矢板を打つなどして強化した。震災クラスの津波は越流するが「容易に壊れにくい構造」(県大船渡土木センター)という。海岸の浸食を防ぐ海側は震災前と同じ高さ3メートル。
 2012年9月に着工し防潮堤の9割が完成。気仙川の水門工事とそれに付随する防潮堤が残り、19年度末までの完了を目指す。総事業費は約520億円を見込む。センターの水野久禎副所長は「防潮堤を生かし安全を確保しながらも、頼らずに津波の場合は高台に逃げてほしい」と話した。
 周辺は復興祈念公園として整備される。市は防潮堤を造るとともにかさ上げを行い、市街地を再整備している。


2017年01月25日水曜日


先頭に戻る