青森のニュース

<淡谷のり子>生誕110年 ゆかりの品並ぶ

淡谷さん手編みのレースや衣装が展示されている

 青森市の名誉市民で「ブルースの女王」として活躍した淡谷のり子さん(1907〜99年)の生誕110年を記念し、市が所有するゆかりの品の展示会が、同市沖館の「あおもり北のまほろば歴史館」で開かれている。2月28日まで。
 節目の年に足跡を振り返ろうと同館が企画。ドレスや靴などのステージ衣装のほか、淡谷さんが作った手編みのレースやお気に入りのバービー人形など74点が並ぶ。いずれも遺族が市に寄贈した。
 淡谷さんは市内の旧家に生まれたが、実家は破産。苦学の末、東京の音大を首席で卒業し、流行歌手として活躍した。戦時中の慰問では軍の指示に逆らってドレスで歌い続けるなど、反骨の人として知られた。
 会場では淡谷さんの生涯を描いた「まんが伝記 歌ひとすじに生きて」(青森市刊行)が閲覧できる。
 同館の石山晃子副館長は「本人の衣装と同じ生地で仕立てたバービー人形の服も展示している。ぜひ見に来てほしい」と話す。
 入館料300円。連絡先は同館017(763)5519。


関連ページ: 青森 社会

2017年01月26日木曜日


先頭に戻る