宮城のニュース

<仙台駅>全国100の駅弁集結 あすから

「駅弁味の陣2016」で、大将軍に輝いた大館駅の「比内地鶏の鶏めし弁当」

 全国100種類の駅弁を集めた「冬のうまいもん祭 駅弁まつり」が28日、JR仙台駅2階コンコースで始まる。2月2日まで。
 仙台駅初登場は富山駅の「ぶりかまステーキ弁当」(1100円)、広島駅の「かきの土手わっぱ」(1300円)、秋田駅の「あきたこまち物語」(1350円)など9種類。
 JR東日本が昨秋行った人気投票「駅弁味の陣2016」で選ばれた駅弁も販売する。最高位の大将軍に輝いた大館駅の「比内地鶏の鶏めし」(1180円)など上位3点や、初陣賞の米沢駅の「三味牛肉どまん中」(1350円)など入賞駅弁9種類が並ぶ。
 JR東日本グループの日本レストランエンタプライズ仙台支店の主催。販売時間は午前10時〜午後7時(2月2日は午後6時)。各日約1500個用意し、売り切れ次第終了する。


関連ページ: 宮城 経済

2017年01月27日金曜日


先頭に戻る