宮城のニュース

<塩釜神社>「文化財守る」心ひとつに

境内の山林に向かって放水した消防訓練

 文化財防火デーの26日、本殿や塩釜桜などが国指定の文化財になっている塩釜神社(宮城県塩釜市)で消防訓練があった。
 塩釜消防署や塩釜市、市教委など8機関の約110人、ポンプ車など車両12台が参加。投げ捨てのたばこが原因で神社の北西側山林から出火し、強風で火勢が急激に広がったとの想定で、宝物に見立てた箱を本殿から搬出したり、林に向かって放水したりした。
 消火器を使った初期消火や心肺蘇生の訓練も実施した。佐藤昭市長は閉会式で「文化財を守る意識を市民の隅々まで徹底させたい」と述べた。


関連ページ: 宮城 社会

2017年01月27日金曜日


先頭に戻る