福島のニュース

<東京五輪>いわき市サモアと覚書

覚書を取り交わし、笑顔を見せる清水市長(右から2人目)、シラ大使(同4人目)ら

 福島県いわき市は26日、2020年東京五輪の「ホストタウン」相手国となっているサモアと、ラグビーの事前キャンプ実施で覚書を締結した。サモアは五輪のほか、19年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会でも、公認キャンプの前に独自のキャンプを行う。
 市内で締結式があり、シラ駐日大使、サモア名誉領事を務める常磐興産(いわき市)の井上直美社長らが出席。サモアラグビー協会長のツイラエパ首相が事前に署名した書面に、清水敏男市長が署名した。
 締結後、清水市長は「事前キャンプは復興の姿を世界に発信する絶好の機会になる」とあいさつ。シラ大使は「サモアはラグビーに熱狂的な国。いわき市との関係がさらに深まる」と述べた。
 覚書には、事前キャンプに合わせ、選手らと市民との交流事業を実施することも盛り込んだ。


2017年01月27日金曜日


先頭に戻る