宮城のニュース

<センバツ>仙台育英、盛岡大付、不来方出場

選抜大会出場が決まり、帽子を投げて喜ぶ仙台育英ナイン=27日午後3時20分ごろ、多賀城市の同校

 兵庫県西宮市の甲子園球場で3月19日に開幕する第89回選抜高校野球大会の出場32校が27日に決まり、東北からは一般選考(29校)で仙台育英と盛岡大付(岩手)、戦力以外の要素を加味する21世紀枠(3校)で不来方(こずかた)(岩手)が選出された。東北勢3校出場は3大会連続。不来方は春夏を通じ初の甲子園となる。
 仙台育英は2年ぶり12度目、盛岡大付は4年ぶり4度目の出場。それぞれ昨秋の東北大会優勝、準優勝校で、順当に東北地区枠を占めた。仙台育英は準優勝した2015年夏以来、盛岡大付は3回戦に進出した16年夏に続く大舞台。
 選手10人の不来方は昨秋の県大会決勝で盛岡大付に敗れ、東北大会初戦の2回戦で強豪の八戸学院光星(青森)に0−2と善戦した。岩手勢2校出場は初。
 組み合わせ抽選会は3月10日に行われる。


2017年01月28日土曜日


先頭に戻る