宮城のニュース

介護人材確保へ研修会 中高年や離職者対象

 不足する介護人材の掘り起こしを目指して、宮城県は中高年や離職した介護職経験者を対象にした一日研修会を開催する。中高年層に介護職への関心を持ってもらい、離職者の円滑な復職を支援するなどし、マンパワーの確保を図る。
 研修内容は、中高年向けに介護職や高齢者の自立支援に関する基礎的知識、離職者には福祉の現場に戻るための実務的な講義を企画。後半は介護事業所内の見学や体験もある。
 対象は県内在住で50歳以上の介護職未経験者か、介護業務経験者(年齢不問)。中高年向けの研修は2月24日に大崎市、離職者向けは今月31日に角田市、2月15日に仙台市、3月7日に東松島市で開催する。
 参加費無料。いずれも午前9時半〜午後4時半。連絡先は県社会福祉協議会内の県福祉人材センター022(262)9777。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2017年01月28日土曜日


先頭に戻る