福島のニュース

<楽天>感激分かち合おう 福島開催PR

鉄平さん(右)にグラウンドコートを贈られる内堀知事

 福島県郡山市の開成山野球場で4月11日に公式戦を開催するプロ野球東北楽天の森井誠之営業本部長と土谷鉄平ジュニアコーチが27日、福島県庁に内堀雅雄知事を訪ね、「今季はこれまでにない補強をした。再び優勝し、東北の皆さんと感激を分かち合いたい」と語った。
 内堀知事は、県が2020年東京五輪の野球・ソフトボールの一部競技の県内開催を目指していることに触れ、「多くの人に生でプロ野球を見てもらい、福島の野球熱を高めたい。東北楽天の選手が日本代表として福島でプレーすれば素晴らしい」と期待した。
 東北楽天は05年の球団創設以降、福島県の球場で1軍公式戦を毎年開催している。4月11日は西武と対戦する。


2017年01月28日土曜日


先頭に戻る