広域のニュース

<原発避難いじめ>千葉でも被害「放射能来た」

 東京電力福島第1原発事故で福島県から千葉県に自主避難した3世帯の子どもたちが、小中学校で「放射能が来た」と言われるなど、いじめ被害に遭ったとみられることが27日、分かった。3世帯は避難者が国と東電に損害賠償を求めている千葉地裁での集団訴訟の原告で、弁護団が明らかにした。
 弁護団によると、ある原告は約5年前に千葉県内の小学校に転校した際、子どもが同級生から「放射能が来た」と言われたとしている。
 別の原告は子どもが同級生から「福島のやつの話は聞かない」などと言われ、他の県内の学校に転校せざるを得なくなった。このため、転校先の学校には避難者だと同級生に明かさないよう配慮を求めたという。
 弁護団が集団訴訟の原告約20世帯のうち、子どもがいる世帯にいじめが疑われる事例がないか調べたところ、3世帯で確認された。
 千葉県教育委員会などは今月、福島から避難し、県内の公立小中高校などに通う児童、生徒に対するいじめはなかったと発表していた。県教委は「3世帯の事例について把握していない。事実確認を進め今後の対応を考える」としている。


2017年01月28日土曜日


先頭に戻る