岩手のニュース

<陸前高田>新商業施設「アバッセ」4月開業

新商業施設「アバッセたかた」のロゴデザインを手にする伊東代表理事(右)と及川さん

 東日本大震災で壊滅し、かさ上げした陸前高田市の中心市街地に建設中の新商業施設の名称が28日、「アバッセたかた」と発表された。開業予定日も4月27日に決まった。
 アバッセは、地元の方言で「一緒に行きましょう」の意味。施設の整備・運営組合の関係者らが、公募した676件の中から作業療法士及川裕喜さん(30)の作品「アバッセ」を選び、地名を加えた。ロゴデザインも完成した。
 及川さんは、勤務先のデイサービスセンターが商業施設内に出店予定。「なじみもあるかっこいい言葉。施設の一翼を担えるよう、自分も頑張りたい」と語った。
 施設は(1)専門店街(2)衣料、食品スーパーなど(3)ドラッグストア−の3棟で構成され、計20店が出店する。新市街地で初の開業となる見通しだ。併設の市図書館は6月開館を目指す。
 専門店街を整備、運営する高田松原商業開発協同組合の伊東孝代表理事は「『(アバッセに)あばっせ』と言いながら、買い物客だけでなく、人々が集う施設になればいい」と話した。


2017年01月29日日曜日


先頭に戻る