宮城のニュース

<楽天>梨田監督「種をまき収穫を」

自主練習を開始した岸(左)と握手をする梨田監督=21日、仙台市のコボパ宮城室内練習場

 東北楽天の梨田昌孝監督は、近鉄、日本ハムで監督だった時代、いずれも就任2年目にリーグ制覇を果たした。岸孝之投手の加入などで戦力は充実し、期待は高まる。注目する選手や春季キャンプの進め方について熱く語った。(聞き手はスポーツ部長・日下三男)

 −就任2年目の今の気持ちは。
 「1年目とは全然違う。昨年は種をまく前の土を耕す段階だった。今年は種をまき、早いけど収穫もしないといけない」

 −投手力が楽しみだ。
 「岸(孝之)が入り、則本(昂大)の負担が軽くなる。カードの初戦をどちらかが先発し、残る2日間をみんなでやりくりすれば、1週間もつ。それはすごく大きい」

 −2人以外に期待の投手は。
 「安楽(智大)が良くなった。昨年途中までは立ち上がりに速い球を投げても、四、五回にスピードががくんと落ちて打たれた。2軍に行かせて再昇格した後、7回ぐらい持たせる投げ方ができるようになった。スピードを落としても、変化球を使い、直球を速く感じさせることができる」

 −先発候補は。
 「岸、則本に、美馬(学)、塩見(貴洋)、釜田(佳直)、辛島(航)、安楽、戸村(健次)もいる。そこに新人の池田が入ってくるか」

 −新人投手に即戦力候補が多い。
 「右は菅原(秀)、森原(康平)、左は高梨(雄平)、鶴田(圭祐)がいる。昨年は救援の福山(博之)、金刃(憲人)が投げ過ぎた。新人から少なくとも2人、1軍の戦力が出てくるとブルペンは助かる」

 −松井裕樹は抑え。
 「本人からいずれは先発をしたいが、去年の成績は全く納得していないので、抑えをしたいとのことだった。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選ばれたが、ボールが滑るので故障さえなければいいなと思う」

 −野手で手応えは。
 「昨年は新人ながら茂木(栄五郎)が良かった。もう一人は島内(宏明)で、パンチ力、走力、守備力と三拍子そろっている。2人が2割8分〜3割を打ち、盗塁を15〜20個決めてくれれば、足の遅い外国人選手とバランスの良い打線を組める」

 −昨秋のキャンプから機動力を重視している。
 「盗塁が全てではないが、昨季はチームでわずか56個(リーグ最下位)。金子(侑司・西武)や糸井(嘉男・阪神、昨季はオリックス)が一人で53個走ったのに対し、いかに少ないか。チームとして80〜100個は盗塁し、相手バッテリーに重圧をかけないといけない」

 −攻撃はバランス重視の姿勢がうかがえる。
 「ウィーラー、アマダー、ペゲーロの外国人3人は相手の脅威だが、3人を並べると盗塁もエンドランもできず、ただ打つだけとなる。3人を並べず、残り6人でエンドランなどいろんな作戦を繰り出し、相手に嫌だなと思わせたい」
 −いよいよ春季キャンプが始まる。
 「昨季はキャンプ前から予想打順を言っていたが、今年は全く考えていない。横一線。誰もレギュラーは決まってない。長いペナントレースはけが人も出る。そういうことに準備しながらやらないと、143試合はもたない」


2017年01月30日月曜日


先頭に戻る