宮城のニュース

<楽天>夢再び実現へ 久米島入り

歓迎式典で花束を受け取る梨田監督(中央)ら=30日午後3時25分ごろ、沖縄県久米島町の久米島空港

 プロ野球東北楽天は30日、春季キャンプ地の沖縄県久米島町に入った。チームは球団初の日本一を達成した2013年以来となる頂点を目指して「東北・夢・再び」のスローガンを掲げ、2月1日からのキャンプに臨む。
 梨田昌孝監督ら約130人は30日午前、チャーター便で仙台空港を出発。午後3時すぎに久米島空港に到着し、歓迎式典で地元住民から花束を贈られるなどした。
 大田治雄町長が「13年目のキャンプを今年も島全体で応援する」と激励。梨田監督は「(3月31日の)開幕に向けて、キャンプでしっかりと練習したい」と応えた。
 久米島キャンプは1軍が久米島野球場で11日まで、2軍は仲里野球場で20日まで練習する。


2017年01月31日火曜日


先頭に戻る