宮城のニュース

<E番ノート>エースの教え受け継ぐ

コボパ宮城のブルペンで投球する田中=24日

 東北楽天の10年前の新人選手研修。「勝敗を左右するピンチにどんな心境で臨む?」という題で議論した際、「抑えればヒーローになれる。ラッキーだ」と言い切った18歳がいた。
 大リーグ、ヤンキース田中将大投手。自主トレーニングで仙台にいた田中を招いた1月の新人研修で同じテーマの質疑応答をしていた際、佐々木亮人広報部長が逸話を披露した。田中の勝負強さの秘密がよく分かる。
 新人投手は先輩のプラス思考に学んだ。中継ぎで期待される5位の森原康平(新日鉄住金広畑)は、田中から「試合の流れを読み、前向きに投げよう」と助言された。1位藤平尚真(神奈川・横浜高)は「田中さんのように成功するイメージを持つことが重要」と思った。その後に出演したテレビ番組で、目標に「成功のイメージを持つ」と発表、プラス思考を意識に定着させようした。
 「初代エース岩隈に学び、田中は成長した。田中の教えが次なるエースの誕生につながるはず」。佐々木広報部長が言うように、エースの教えは確かに継承されている。(金野正之)


2017年01月31日火曜日


先頭に戻る