岩手のニュース

<岩手知事>政務秘書に小沢一郎氏元秘書

 達増拓也岩手県知事は30日の定例記者会見で、空席となっている特別職の政務秘書に、小沢一郎自由党代表(衆院岩手4区)の公設秘書小原和也氏(40)を起用すると明らかにした。前任で自由党の木戸口英司参院議員(53)=岩手選挙区=に続き、小沢氏の秘書経験者が就く。2月1日付で辞令を交付する。
 達増知事は人選について「政治家の秘書として、十分な経験と実力を持っている。岩手の政治の方向性を切り開いていくことを手伝ってもらう」と述べた。
 政務秘書は地方公務員法と県条例で定める特別職で、県秘書課に常駐する。達増氏は政務秘書の継続に関し「岩手の政治にはダイナミックな要素がある。自分だけで政務的なことをするのは大変。専念してくれる人が必要だ」と語った。
 前任の木戸口氏は2015年知事選で、野党共闘の調整役を担った。引き続き小沢氏側近が政務秘書に就くことで、次期衆院選に向けた達増氏の動向も焦点となる。
 小原氏は花巻市出身。東北工業大卒。会社員を経て、小沢氏が民主党に所属していた12年に公設秘書に就いた。小原氏は31日に小沢氏秘書を退く。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2017年01月31日火曜日


先頭に戻る