宮城のニュース

<楽天>嶋や岸 久米島で自主練習

キャンプ前日に行われた自主練習で、ランニングをする(手前右から)岸と嶋

 プロ野球12球団は1日に国内外でキャンプインする。各球団は31日までに宮崎、沖縄両県などのキャンプ地に入り、セ、パ両リーグが同時に開幕する3月31日に向けて始動する。3月には国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が控え、日本代表選手の調整も本格化する。
 東北楽天は31日、キャンプインを前に、沖縄県久米島町で自主練習をした。新加入の岸孝之投手、嶋基宏捕手らがランニングなどで体を動かした。
 選手は前日に久米島入りしており、キャンプインまで1日空いたこの日、1軍キャンプが行われる久米島野球場で、約40人がキャッチボールや打撃練習に汗を流した。
 昨季自己最多の9本塁打を放ち、飛躍が期待される島内宏明外野手は松井稼頭央外野手らと言葉を交わしながらノックを受けた。「いよいよ始まる。体は動いている。まずはけがのないように頑張る」と力を込めた。
 高校生新人で1軍キャンプスタートとなった藤平投手(神奈川・横浜高)は「久米島で初めて練習し、また新たな気持ちになった。できる限りの結果を求めていきたい」と意気込んだ。
 2年目のオコエ瑠偉外野手は胃腸炎による発熱のため、自主練習を休んだ。
 同日夜に行われた全体ミーティングでは、嶋捕手が3年連続で主将を務めることが決まった。副主将は昨年に続き藤田一也内野手と則本昂大投手が就く。


2017年02月01日水曜日


先頭に戻る