宮城のニュース

<マイナビ仙台>新加入3選手 タイトル奪取意気込む

会見でポーズをとる(左から)新加入のMF三橋、MF入江、越後監督、GK鈴木

 マイナビベガルタ仙台レディース(仙台)に新加入した3選手の記者会見が31日、仙台市のユアスタ仙台で開かれた。
 3人はGK鈴木あぐり(18)、MF三橋真奈(22)、MF入江未希(21)。仙台を運営するベガルタ仙台の西川善久社長は「チームに課せられた目標はタイトル奪取。それにふさわしい選手が加入したので期待してほしい」とあいさつした。
 宮城・常盤木学園高から入団した鈴木は「一日も早くチームに貢献できるようがむしゃらに練習する」、大体大の三橋は「ストロングポイントは運動量とミドルシュート。プレーするのが楽しみ」と語った。
 ドイツ1.FCザールブリュッケンから加入した入江は2014、15年に仙台でプレーしている。「個人としてもチームとしても結果が残せるよう頑張る」と力を込めた。
 シドニーFCから完全移籍する豪代表FWケイトリン・フォード(22)の来日時期は未定。


2017年02月01日水曜日


先頭に戻る