宮城のニュース

<マイナビ仙台>越後監督「全力尽くす」

タイトル奪取へ、手腕が期待される越後監督

 新シーズンのマイナビベガルタ仙台レディースを率いるのは、現役時代に日本代表MFとしても活躍した越後和男監督。また、村上和弘ヘッドコーチ(HC)が新たに就任した。
 越後監督は1996年に旧JFL時代の仙台に移籍し、99年引退。2000〜04年までトップチームのコーチを務め、11年から仙台ユース監督を務めた。「チームにかかわる全ての人が幸せを感じられる結果を出せるよう、日々のトレーニングから全力を尽くす」と意気込む。
 村上HCは01〜06年までの6年間仙台に在籍し、主にサイドバックで活躍した。14年に8年ぶりの復帰を果たし、15年に現役を引退した。「勝負の世界に身を置けることをモチベーションにし、情熱を持って取り組んでいく」とコメントする。
 昨季まで5年間にわたってチームを指揮した千葉泰伸前監督は、女子育成部長に就任した。


2017年02月01日水曜日


先頭に戻る