宮城のニュース

オール宮城産「ベジ」な温麺 3月発売

赤ピーマンとホウレンソウの粉末を練り込んだ「野菜温麺」

 白石市の製麺業白石興産は、県産小麦の生地に赤ピーマン、ホウレンソウをそれぞれ練り込んだ「野菜温麺(うーめん)」を3月に発売する。
 主原料の小麦は登米市産の「あおばの恋」。同市の農業法人おっとちグリーンステーションが生産、加工した赤ピーマン、ホウレンソウの粉末を使い、長さ約9センチの麺をオレンジ色、薄緑色に仕上げた。
 健康志向に配慮し、塩を使わずに製造した。担当者は「サラダやチャンプルー、スープで彩りを楽しめる」とPRする。
 1袋250グラムで、赤ピーマン3束、ホウレンソウ2束入り。税込み432円。東北、関東のドラッグストアや生協、スーパーなどで販売予定。
 連絡先は白石興産0224(25)3101。


関連ページ: 宮城 経済

2017年02月03日金曜日


先頭に戻る