宮城のニュース

<ベガルタ>クリスラン開幕戦出場微妙

 午前のみの練習が約1時間行われ、軽めのランニングなどで前日のJ2大分との練習試合の疲れを癒やした。FW平山、MFパブロジオゴ、DF蜂須賀は別メニューで調整。来日前の試合で右太ももを負傷したFWクリスランは、全体練習に参加しなかった。
 渡辺監督はクリスランについて「検査の結果、患部の内出血が確認された。全体練習合流には少し時間がかかりそう」と説明。25日の開幕戦ホーム札幌戦に間に合うかは「現状では分からない」と話した。
 今季完全移籍したDF平岡は「(期限付き移籍だった)昨季より、結果を求められることになる。それに応えたい」と力を込めた。
 「体は動けているし、コンディションは悪くない」と話す通り、J2大分戦では切れのある動きで守備を統率し、ゴールも決めた。
 「今季の目標はけがなく1年戦えること。そしてチームが目指すトップ5(リーグ戦5位以内)に貢献したい」と闘志を燃やした。
(1日、晴れ、正午の気温12.2度)


2017年02月02日木曜日


先頭に戻る