秋田のニュース

<政活費>秋田県議 家族のホテル代支払い

 秋田県議会の石川徹議員(52)=鹿角市選挙区=が秋田市などでの議員活動に家族を同伴し、家族を含む宿泊費の一部を政務活動費から支出していたことが1日、分かった。議会事務局によると、議員以外の宿泊費は政活費として認められていない。石川氏は「チェックが甘かった。返還したい」と説明している。
 石川氏が議長に提出した政活費の収支報告書などによると、2015年10月31日、秋田市内であった警察音楽隊演奏会に来賓として出席した際、妻と娘も同じ同市内のホテルに宿泊。3人分の宿泊費1万5700円のうち、2人分(1万990円)を政活費から支出した。
 宿泊費に関しては他にも複数の人数分を支払った件があり、石川氏は「1年分について早急に再確認する」と話している。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2017年02月02日木曜日


先頭に戻る