宮城のニュース

被災地に子どもの遊び場「みんなの家」5月完成

「みんなの家 はまのわ」の完成イメージ図

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県七ケ浜町に、子どもたちの居場所や住民の交流の場として「みんなの家 はまのわ」が建築される。復興支援に携わる二つのNPO法人の共同プロジェクトで、町の中心部にある生涯学習センターの敷地内に立地する。5月の完成を予定する。
 「みんなの家」を被災地に建ててきた建築家が設立した「HOME−FOR−ALL」と震災直後から町で支援活動を続ける「レスキューストックヤード」が、民間企業からの寄付金を基に建築する。
 木造1階で延べ床面積は約90平方メートル。室内に間仕切りはなく、広々としたスペースを確保した。完成後は町に無償で譲渡され、レスキューが運営する。
 レスキューは、子どもたちが勉強し、遊べるスペース「きずなハウス」を町内で運営しており、子どもたちが学年や学区の垣根を越えて利用している。完成後は活動場所をみんなの家に移し、引き続き子どもたちの居場所を提供する。
 寺沢薫町長は「子どもたちが気軽に訪れ、発散できる場になってほしい」と期待。レスキューの浦野愛常務理事は「海や食べ物、人といった七ケ浜の魅力を紹介するプログラムの場としても活用したい」と語る。


2017年02月03日金曜日


先頭に戻る