宮城のニュース

<楽天>藤平 初のブルペン

キャンプでは初めてブルペンでの投球練習を行った藤平

 ドラフト1位の藤平尚真投手(神奈川・横浜高)が初めてブルペンに入り、伸びのある球を投げた。
 野手陣はフリー打撃などを行った。育成選手から1人だけ1軍キャンプ入りした島井寛仁外野手は、自慢の足を生かそうと走力強化や守備練習に打ち込んだ。
 オコエ瑠偉外野手は右手薬指に痛みを訴え、キャンプを離脱して東京の病院で検査を受けた。検査前の段階では、剥離骨折の疑いがあり、実戦復帰が遅れる可能性がある。(2日、曇り、正午の気温19.4度)


2017年02月03日金曜日


先頭に戻る