宮城のニュース

甘〜い出会いイチゴが演出 26日婚活イベント

婚活会場となる東北最大級の広さを誇るイチゴハウス。昨年12月には竣工式が行われた=山元町山寺
ポスターを手に「縁結びいちごコンin山元」をPRするチームいちご大福のメンバー

 夜のイチゴ狩りを楽しみながら男女が出会う婚活イベント「縁結びいちごコンin山元」が26日、宮城県山元町山寺の山元いちご農園である。東北最大級の1ヘクタールのイチゴハウスが会場で、担当者は「山元の魅力を楽しめるイベント。気軽に参加してほしい」と呼び掛けている。
 参加対象は25〜45歳の独身。定員は各20人。男性は町在住に限り、女性は居住地を問わない。
 当日は、午後2時10分に山元町高瀬の合戦原学堂に集合。自己紹介の後、山元いちご農園に移動する。農園でワイナリー見学やゲームを行い、夕方からイチゴ狩りを行う。
 イチゴ狩りは町の委託を受け、同町のNPO法人GRAや若者でつくるグループ「チームいちご大福」が実施。参加費は男性3000円、女性2000円。
 イチゴ狩りに先立ち午後1〜2時には、関連イベント「ずるいくらい思いのままに恋が叶(かな)うセミナー」がある。合戦原学堂で、結婚情報誌編集長の佐藤律子さんが婚活のノウハウを語る。佐藤さんの著書や軽食が付いて1000円(イチゴ狩り参加者は無料)。
 イベント、セミナーともに男性は12日まで、女性は19日までに申し込む。詳細は町のホームページに掲載されている。女性を対象に仙台駅発の専用バスもある(帰りは山下駅まで)。要予約。連絡先はGRAの加藤さん080(6044)0296。


関連ページ: 宮城 社会

2017年02月03日金曜日


先頭に戻る