岩手のニュース

剣道防具投げつけ生徒けが 高校講師を逮捕

 顧問を務める剣道部の生徒に防具を投げつけてけがをさせたとして、岩手県警二戸署は2日までに、傷害の疑いで、岩手県二戸市福岡、岩手県立福岡高講師の岩崎龍一郎容疑者(28)を逮捕した。
 逮捕容疑は2015年8月10日午後0時40分ごろ、校内の剣道場で、剣道部員の男子生徒(当時1年)に防具の胴を投げつけ、額を裂く全治2週間のけがを負わせた疑い。同署によると、「故意ではない」と容疑を否認している。
 県教委などによると、当日は夏休みの練習日で、岩崎容疑者は全体練習の後、男子生徒と正座して向かい合い、普段の練習態度を改めるよう注意していた。
 県教委に対し、岩崎容疑者は「生徒の返事がなかったので脇に置いた胴を手で押した。弾みで下を向いていた生徒の額に当たった」と説明したという。
 容疑者は事件直後に生徒に謝罪。調査した県教委は15年12月、過失による事故と判断した。生徒の保護者は調査結果に抗議し16年11月、二戸署に被害届を出した。
 容疑者は15年4月から同校で勤務。16年の全日本選手権に出場した。
 県教委の菊池透教育次長は「生徒にけがを負わせたことは間違いない。事実を確認した上で適切な処分を検討する」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2017年02月03日金曜日


先頭に戻る