秋田のニュース

秋田就職で優遇サービス 県がアプリ開発

秋田県が開発したアプリ「秋田GO!ENアプリ」の見本画面

 秋田県は若者の県内定着を促そうと、県内就職者を対象に優遇サービスを提供するスマートフォンアプリ「秋田GO!EN(ごえん)アプリ」を開発した。県内に就職した際などにもらえるポイントを、新車の購入や美容院利用の際に割引クーポンとして使える。全国初のサービスで、10日に配信を始める。
 アプリ登録時にポイントがもらえ、県が配信する県内企業のインターンシップ(就業体験)や合同説明会などに参加するたびにポイントが増える仕組み。県内企業への内定をアプリ内で報告すると、ポイントをクーポンに交換でき、サービスを受けられる。
 サービスを提供するのは県内220店舗。新車購入(5万円引き)、賃貸アパートの仲介手数料(20%引き)、美容院代(同)などで利用できる。
 アプリの登録は無料で、対象は県内外の高校生以上。ポイントの有効期限は県内に就職後5年間。
 県人口問題対策課の真壁善男課長は「県外へ進学した若者に秋田の就職情報を直接発信できるメリットもある。秋田に戻って定着できるように、アプリを活用したい」と話す。


関連ページ: 秋田 経済

2017年02月03日金曜日


先頭に戻る