山形のニュース

<山形知事選>吉村氏支援3県議 自民会派離脱へ

 山形県議会の最大会派自民党は2日、1月にあった山形県知事選で、会派の方針に反して吉村美栄子知事を支援した所属県議3人に対して会派からの離脱を要求し、3人は同意した。近く正式に退会する。
 会派を離れるのは阿部信矢、佐藤昇、山科朝則の各氏。昨年12月21日の議員総会で、金沢忠一県連幹事長が「(吉村氏の)会合への出席をした場合、会派として厳正に対応する」と呼び掛けた後も、3人は吉村知事の総決起大会や出陣式などに出席した。
 阿部氏は取材に対して「自民党が対立候補を出さない中で、吉村氏の出陣式に出席したことを非難されるのは納得できない」と不満を口にした。
 山科氏は「吉村知事に地元の県立病院の建て替えを陳情していたので応援した。地域の事情なので仕方がない」と話した。
 3人の離脱で、県議会44議席のうち自民党会派の議席は28となった。3人は自民党籍を持ちながら、県議会では無所属として活動する。
 金沢幹事長は「今まで一緒に行動してきただけに3人の退会は残念。ただ、最終的にまとまりのある会派になれたと思う」と話した。


関連ページ: 山形 政治・行政

2017年02月03日金曜日


先頭に戻る